あなたの解決したい悩みは?悩みカテゴリ別の説明書
世の中にある法トラブルは、日常生活で起こりうる小さな悩みから刑事事件のような大きな争いまでたくさん。LINE弁護士相談では、法トラブルをカテゴリ別に分類し、それぞれに合った法律相談Q&Aや弁護士を紹介しています。本記事では、分類したカテゴリをそれぞれ紹介。どのカテゴリに自分の悩み・トラブルが当てはまるか参考にしてみてください。

■もくじ

【1】離婚・男女問題
【2】借金
【3】相続
【4】交通事故
【5】インターネット
【6】消費者被害
【7】犯罪・刑事事件
【8】労働
【9】債権回収
【10】不動産・建築
【11】国際・外国人問題
【12】医療
【13】企業法務
【14】税務訴訟
【15】行政事件
【16】民事紛争の解決手続き
【17】民事・その他
【18】まとめ


No5_01

男女間におけるトラブル、離婚やそれに付随する問題などはこちらのカテゴリです。離婚や男女問題は決して珍しくなく、相談も後を絶ちません。相手の不貞行為のような理由によって協議がまとまらない場合でも、調停や裁判で離婚が認められる可能性があり、それぞれのケースで慰謝料が変わってきます。子供がいれば、親権や養育費の問題も慎重に検討する必要があります。
【関連するワード】
不倫/離婚原因/離婚慰謝料/養育費/離婚手続き/親権/別居/財産分与/認知・親子関係/調停離婚/内縁/協議離婚/熟年離婚/婚約破棄/面会交流/離婚届/年金分割/中絶/離婚回避/国際結婚/裁判離婚/同棲/戸籍と性/国際離婚


No5_02

借りたお金にまつわるトラブルが借金です。金銭トラブルで苦しんでいる方はとても多く、お金が絡むとなかなか自力での解決は難しい現状…。しかし、早急に手を打つことで、借金が膨らむリスクや被害の拡大を回避できる問題です。「個人間のお金の貸し借りでなかなかお金を返してもらえない」「借金で首が回らなくなってしまった」「連帯保証人から外れたい」といった悩みは多く聞きます。また借金問題を解決するにあたり、選ぶ返済方法によってはそれぞれメリット・デメリットがあるので、きちんとした判断をすることが必要でしょう。
【関連するワード】
住宅ローン/過払い金/債務整理/契約・借用書/信用情報/時効/取り立て/肩代わり


No5_03

親族が亡くなると発生するのが遺産相続です。相続トラブルで困っている方は多くいますが、相続の手続きはとても複雑で面倒…。スムーズな相続手続きには、正しい知識と進め方、事前の準備が大事になってきます。「相続する財産はどれくらいか」「相続人は誰か」「遺産の分け方をどうするか」など、決めなくてはいけないことがたくさん。また相続税の問題も忘れてはいけません。
【関連するワード】
相続税/相続放棄/遺言書/遺留分/相続人/贈与/相続手続き/相続登記/相続登記・名義変更/相続分/遺産分割


No5_04

こちらのカテゴリは、主に道路交通における事故のトラブルです。交通事故はいつ巻き込まれるかわかりません。自分がいくら気を付けていても、被害者にも加害者にもなりうる可能性が…。被害者になってしまった場合、示談交渉で治療費や慰謝料の請求をし、それでも解決しないと裁判などの手続きを行うことになるでしょう。加害者になった場合は、刑罰が課せられることも。さらに示談交渉や裁判によって損害賠償金を支払うことにもなりえます。「まず誰に相談したらいいか」「賠償金を交渉する術は?」「示談金の相場を知りたい」などがよくある相談です。
【関連するワード】
交通事故慰謝料・損害賠償/後遺障害/過失割合/示談交渉/交通事故裁判


No5_05

インターネット上のトラブル全般はこちらのカテゴリです。近年、インターネットの普及により、トラブルも増加傾向にあります。素人が犯人を特定したり、自力で事態を収束させることはとても難しく、さらにはネットならではの恐ろしい拡散スピードも…。一刻を争うケースは、早急に対処しなければなりません。ネット書き込みによる誹謗中傷や名誉棄損、SNSでの執拗な嫌がらせなどはよくある事例です。このようなケースを弁護士に相談することで、書き込みの削除や、発信者情報開示請求の手続きが可能な場合もあります。


No5_06

詐欺や買い物、契約などに関するトラブルが消費者被害にあたります。身近にたくさん潜んでいるトラブルですが、被害に遭っていても、知らずに泣き寝入りしてしまう方は少なくありません。今ではあまり珍しくないキャッチセールスや訪問販売は、実際に契約をしてしまった場合、クーリングオフなどの救済制度で対処可能な場合があります。振り込め詐欺や投資に関する詐欺、美容医療トラブルなどは返金が難しいこともあるので、できるだけ早く弁護士に相談しましょう。
【関連するワード】
悪徳商法/契約の解除・取消/金融/探偵・興信所/美容・健康/暮らし・趣味/冠婚葬祭サービス/ネットトラブル


No5_07

法によって禁じられた行為にあたるものが犯罪・刑事事件です。犯罪行為が行われると、警察や検察が捜査に加わり捜査を開始します。その後、逮捕や起訴、裁判~刑罰決定という流れになりますが、実際はもっと細かい手続きを経て、最終的に刑が確定します。被害者の場合は、被害届の提出や損害賠償請求の手続きを。加害者側は、弁護士に依頼することで、被害者との示談交渉や身柄釈放に向けた活動が期待できるため、最終的な処分の行方を見据えたアドバイスをもらえるなどのメリットもあります。
【関連するワード】
児童ポルノ・わいせつ物頒布等/人身事故/盗撮・のぞき/強姦・レイプ/大麻/ストーカー/痴漢/窃盗・万引き/詐欺/覚せい剤/飲酒運転/逮捕・刑事弁護/麻薬/脅迫・強要/横領/当て逃げ/器物損害/傷害/ひき逃げ/無免許運転/住宅侵入罪/公務執行妨害/強制わいせつ/暴行/交通違反/公然わいせつ/恐喝/強盗/児童買春・援助交際/少年事件/殺人・殺人未遂/犯罪被害


No5_08

労働問題とは、さまざまな労働におけるトラブルのこと。近年、職場のパワハラや長時間労働など、社会問題として注目を集めており「上司のパワハラ・セクハラがひどい」「不当解雇をされた」といった声を多く聞きます。弁護士に相談することで、場合によっては、会社を訴えて未払いの給料・残業代を請求することが可能です。
【関連するワード】
解雇/退職/残業/労災/給料/労働時間/人事異動/就職・転職/社会保険/休日・休暇/雇用形態/ハラスメント/解決方法・相談先/規則・条件


No5_09

払ってもらうべきお金を回収できないなどのトラブルは債権回収にあたります。お金のトラブルは、自力で回収・解決するのはとても困難です。債権回収は、第三者が介入することにより、解決する確率がぐんと上がるケースが多いそう。「売掛金の未払いを回収したい」「返済の催促をしていたら音信不通になってしまった」「お金がなくて返せないと言われている」といった場合には、弁護士に相談して差押差し押さえ手続きを行ったり、内容証明郵便を送るなどの法的対応を考えましょう。
【関連するワード】
強制執行/回収方法/担保権/倒産/契約/手続き


No5_10

土地や住宅などが関わってくる不動産・建築関係のトラブルは、額が大きく、非常に深刻な問題。あまり身近ではないと思われがちですが、不動産売買や賃貸借契約に関するトラブル、近隣トラブル、欠陥住宅など不動産関係のトラブルは、意外と日常で起こっているのです。欠陥住宅の被害にあってしまったら、弁護士に相談して示談交渉や裁判を行う手もあります。賃貸借契約のトラブルも、弁護士が間に入って交渉することで解決するケースも。いち早く対処することで、損失を未然に防いだり、被害を最小限に抑えることができます。
【関連するワード】
建築/抵当権/不動産登記/近隣トラブル/立ち退き・明け渡し/不動産賃貸/不動産契約


No5_11

国家間で生じた事件や外国籍の方が関わるこの問題は、言語や文化の違いからさまざまな障害が立ちはだかり、トラブルが起こりやすくなります。日本への旅行や留学も主流になり、国際化が進んでいる今、誰しもが国際トラブルに巻き込まれる可能性が。最近よく耳にする国際結婚や国際離婚は、ビザの問題が絡んでくるほか、子供の出国問題への影響も…。また国際取引は手続きがとても複雑で、外国人の雇用問題に関しても近年深刻な問題になっています。


No5_12

本当はあってはならない医療ミスや医療事故、誤診といった医療現場でのトラブル。医療分野は、高い専門知識が必要であり、立証はとても難しく、困難になってきます。「裁判をしたら勝てるのか?」「証拠はどうやって集めるか?」「とにかく真相が知りたい」などの相談もあるようです。医師側の過失を明らかにするために、病理解剖や証拠保全を行ない、示談交渉や訴訟などの対応をすることも考えられます。医療事件を得意とする経験豊富な弁護士に相談しましょう。


No5_13

企業法務とは、企業活動に関する法律事務を指します。取引先との契約・契約書のチェック、コンプライアンス関係の相談やマニュアル作成、株主総会の運営業務や社内規定の策定など、その内容は多岐にわたります。
【関連するワード】
再編・倒産/不祥事・クレーム対応/知的財産/資金調達/顧問弁護士/組織・機関/人事・労務/他社との取引や契約


No5_14

税務訴訟とは、租税訴訟ともいわれます。簡単に言うと、税金について国と裁判をするということです。税務訴訟の種類には、行政訴訟と民事訴訟があり、さらに内容によってもっと細かく分かれるそう。税務署長等が行った処分に対しては、再調査の請求や審査請求などの不服申立てができますが、事案の内容などを踏まえ、どのような方法をとるか慎重に検討をしなくてはいけません。



No5_15

行政事件とは、行政上の法律関係についての訴訟事件をいいます。国などの行政側に対して処分の違法性を争う事件や、違法な行為に対して賠償を求めるものなどさまざま。国家賠償請求訴訟で提訴した場合は、慰謝料請求をすることができる場合もあります。


No5_16

民事紛争の解決手続きには、民事訴訟と裁判外での解決手続き(ADR)があります。ADRは、仲裁人などの中立的な第三者を交えて和解に導き、多くのトラブルが解決されてきました。裁判と違い非公開なので、簡易的かつ時間や費用に負担をかけずに解決できるメリットがあります。
【関連するワード】
書面/家事事件/民事事件/上訴・再審/民事保全・民事執行/公証制度・即決和解/費用の援助


No5_17

身の回りのさまざまな困りごと、保険・年金・成年後見・生活保護など、他のカテゴリに当てはまらない法律全般の悩みは、民事・その他のカテゴリを確認してみてください。


【18】まとめ

カテゴリの中に自分の困っている状況と合うものはありましたか?同じ法トラブルでも、その人の置かれている状況や立場によって解決策が変わってくることも。法律の知識がないと判断しづらいことも多いので、自己判断をは避け、まずはLINE弁護士相談で悩みの相談をおすすめします。



buttom_05




友だち追加