依頼前に確認したい弁護士依頼の相場

法トラブルを解決に導いてくれるのが弁護士です。しかし、いざ弁護士に依頼しようと思っても、費用が分からないと相談に行くのも不安ですよね。そこで今回は、弁護士に支払う費用の一般的な料金体系と相場をまとめました。相談内容ごとのモデルケース例と、弁護士の見解もあるので、ぜひ参考にしてみてください。

■もくじ

【1】弁護士にかかる費用の料金体系と相場
【2】費用が発生するポイントと内訳
【3】ケースごとの相場~参考例~
 3-1 ≪ケース1 離婚問題≫
 3-2 ≪ケース2 労働問題≫
 3-3 ≪ケース3 ネットトラブル≫
【4】まとめ


【1】弁護士にかかる費用の料金体系と相場

「弁護士報酬にはどのような種類があるのか」「支払うタイミングはいつなのか」「相場はどれくらいなのか」「支払方法はどうなっているのか」など、初めてで分からないことがあるのは当たり前。ここでは、それらの疑問を分かりやすく説明します。

No7 (3)
※上記費用が毎回すべて発生するとは限りません。
※費用の相場は、(旧)日本弁護士連合会報酬等基準を参考にしています。

※)補足

報酬の支払い方法は、現金/銀行振込/クレジットカードなど、弁護士事務所によって異なります。同じ事務所であっても、案件によって支払方法が変わることもありますので、実際に依頼する時には必ず支払時期と支払方法もあわせて確認しましょう。


【2】費用が発生するポイントと内訳

弁護士へ支払う費用の種類には、色々なものがあります。弁護士に法トラブルの解決を依頼するにあたり、どのタイミングでどういう費用を支払うのか内訳を記載しますので、参考にしてみてください。
※弁護士によって異なる場合もありますので、実際に依頼する際は弁護士からの説明をよく聞きましょう。

No8 (2)

LINE 弁護士相談


【3】ケースごとの相場~参考例~

こちらでは、モデルケースを元に発生する可能性のある費用と、その一般的な相場をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。


3-1 ≪ケース1 離婚問題≫

No9 (2)

3-2 ≪ケース2 労働問題≫

No10 (2)

3-3 ≪ケース3 ネットトラブル≫

※No11 (修正版)

【4】まとめ

ある日突然、身に降りかかる法トラブル。いつどんな形で巻き込まれるかは予測できません。万が一の時には、一人で対応するよりも、法律の知識を持つ弁護士への相談や依頼することをおすすめします。依頼にかかる費用など、分からないことだらけで不安もあると思いますが、疑問点は遠慮なく聞くことが大切です。弁護士費用の相場を前もって調べてから相談すれば、安心して話を進めることができるでしょう。


buttom_05



※日本弁護士連合会の弁護士費用(報酬)についてコチラも参考にしてください。



友だち追加