200117_blog

自分に限って法トラブルは無縁だと思っていませんか?道路でつばを吐く行為や、ハサミを持って外出するなど、一見よくありそうな行為にも法律違反が潜んでいます。さらに、ドラマのシーンでも見る「結婚式への乱入」も違法となる可能性が…。
普段生活している中で何となくしてしまったこと、それは罪に問われるかもしれません。ここでは、意外と知られていない法律違反をイラスト付きで紹介しながら、弁護士が解説します。身に覚えがある人は要注意。知らなかったでは済まされないかもしれませんよ…。

■もくじ

≪法律違反1≫道路でつばを吐く編
≪法律違反2≫走行中のバス運転手へむやみな話し掛け編
≪法律違反3≫結婚式に乱入編
≪法律違反4≫大きなハサミを持って外出編
≪監修弁護士の紹介≫
最後に…


≪法律違反1≫道路でつばを吐く編

リサイズ.道路でつば吐き

軽犯罪法1条26号 / 汚廃物放棄の罪

▼弁護士の見解

道路でつばを吐いた場合は、拘留(30 日以内の範囲で刑事施設に収容されること)または科料(1万円未満の金銭の支払い)という刑罰を受ける可能性があります(軽犯罪法1条26号)。さらに、つばが人にかかってしまった場合は、軽犯罪法よりも重い刑法上の暴行罪に該当する可能性もあるでしょう。


≪法律違反2≫走行中のバス運転手へむやみな話し掛け編

リサイズ.運転手に話し掛け

道路運送法28条1項

▼弁護士の見解

特別な用がないにもかかわらず、走行中にバスの運転手に話しかける行為は、道路運送法28条1項により禁止されています。この規定に違反した場合には、20万円以下の罰金刑が科せられる可能性も。仮に行き先を尋ねる等の必要がある場合でも、バスの停止中に行うようにしましょう。


≪法律違反3≫結婚式に乱入編

リサイズ.結婚式乱入

軽犯罪法1条24号 / または建造物侵入罪(刑法130条)

▼弁護士の見解

結婚式などの儀式(公私問わず)をいたずら等で妨害した場合は、拘留(30日以内の範囲で刑事施設に収容されること)または科料(1万円未満の金銭を支払うこと)という刑罰を受ける可能性があります(軽犯罪法1条24号)。その他に、式を挙げた当事者から損害賠償を請求される可能性もあるでしょう(民法709条)。


≪法律違反4≫大きなハサミを持って外出編

リサイズ.大はさみ所持

銃刀法違反

▼弁護士の見解

刃渡り8cmを超えるハサミを持ち歩くことは、銃刀法違反として刑罰の対象となります。また、これより短いハサミであっても、正当な理由なく持ち歩くことは軽犯罪法違反として、拘留(30日以内の範囲で刑事施設に収容されること)または科料(1万円未満の金銭の支払い)の刑罰をうける可能性も。護身用に携帯することは正当な理由には当たりません。

【監修】王子総合法律事務所 益谷 元也弁護士


益谷 元也(ますたに げんや)弁護士

王子総合法律事務所
第二東京弁護士会(登録番号 47991)
この記事は、益谷 元也弁護士が法律監修を担当しました。

弊所は、地域に根差し、東京・城北地方や埼玉・南部で悩み事を抱えておられる方や中小企業のために尽力します。ご相談の内容にかかわらず、初回相談は無料です。問題解決や、成長・発展の一助になれば幸いです。

▼相談サポートサイト
https://www.soudan-form.com/detail/tokyo/907635/